>

他にもあるの?占い師の選び方は?

このコラムをシェアする

まだある占いの種類

先ほどのページでは、メジャーな占いをたくさんご紹介しました。
そこでは紹介しきれなかった、他の占いをここでご紹介しましょう。

動物占いなどは、実は統計学に基づいた占いです。
そのため、比較的当たりやすく、かつ面白いのが特徴です。
たまに雑誌や新聞などで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
友人や周りの人を当てはめてみるとなかなかおもしろいものです。

変な夢や、印象に残る夢を見たときに参考にしたくなる夢占いは、相に入ります。
また、姓名判断も相にあたります。

青森県のイタコなどの口寄せや前世鑑定は、霊に入ります。
確かに、スピリチュアルなものとして捉えられますよね。

他にもたくさんの占いがありますが、自分に合ったものをぜひ見つけてみて下さいね。

占い師を選ぼう

自分で調べるのではなく、実際に占い師に占ってもらいたい!と思ったら、占い師を選びましょう。

占い師にはそれぞれ、得意とするジャンルや占い方があります。
まずはプロフィール欄などをよく読み、自分が相談したい内容が得意という占い師を見つけましょう。

占い師にはたくさんのことを相談します。
時には自分の辛い経験などをはなさなくてはならないときがあるかもしれません。
それは大変勇気がいることですよね。
ですから、占い師からのメッセージなどを読んで、その人柄を読み取りましょう。
親身になって相談に乗ってくれる占い師がいるはずです。
コミュニケーションをとることが、占いの的中率を上げるポイントでもあります。

占い歴何年、鑑定実績など、キャリアだけを前面に押し出してくるような占い師には注意が必要です。
量=質とは限りません。
簡単に数字に騙されないようにしましょう。