>

どれくらい知ってる?占いの種類

このコラムをシェアする

ポピュラーな「命」と「卜」の占い

早速、占いの種類を見ていきましょう。
ここではまず、「命」に当てはまる占いを見てみましょう。

最もなじみ深いのは占星術ではないでしょうか。
性格や才能、恋愛の傾向など、その人自身を表すことに関しては一番親しまれています。
あまり聞きなれないかもしれませんが、四柱推命という中国の統計学もこれにあたります。
年月日と時間を四つの柱とし、具体的に占うことができます。
的中率はトップクラスで、個人の体や運勢の傾向、相手との相性などをみることができます。

次に卜をみていきましょう。
タロット占いが代表的ですが、占いの際に偶然でてきたカードに、相談内容についてあるいは相談者本人について何かしらの意味やお告げをもらうことができるというものです。
過去から未来への流れ、心理状態を深く読むことができます。

筮竹やコインなどを用いた中国の易占いもこれと似たようなものです。

他にも、日本のおみくじなども実はこれに当たります。

スピリチュアルな「相」と「霊」

相は、その字が含まれる手相占いが大変有名です。
手のひらのシワの位置や長さ、形などから、その人の運勢や自身の内面を知ることができます。
手相は、ペンなどで線を追加して願いを叶えるなど、開運法があるのも特徴です。

方位や色などによって運気を上昇させ、厄払いをする、どちらかというとお祈りのような意味合いも併せ持つ風水もこれにあたります。

霊は、他の占いとはちょっと違う雰囲気を持っています。
千里眼のような、遠くのものや未来を見通せる力をつかった占いはまさに霊にはいります。
予言などに関わってくるので、なんだかとても神秘的です。
神通力と呼ばれる力も、これにあたります。
なかなか信じがたいかもしれませんが、こういった占いもあることを知っておきましょう。