>

占い、どれくらい知ってる?

このコラムをシェアする

占いのジャンル

まずは、占いのジャンル分けを見てみましょう。
実は、占いは大きく分けて4種類に分けることができるんです。
それは「命」、「卜」、「相」、「霊」と呼ばれています。

それぞれについて見てみましょう。
まず命(めい)ですが、これは出生日や時間など、不変的な情報を元に占うので、ほとんど結果が変わらない占いです。

卜(ぼく)は、相談者の行動やタイミングなどが関連し、偶然の中から必然を見つけるというコンセプトの占いです。

相(そう)は、ものやかたちなど、目で判断できるものの状況から占うものです。
命と卜の中間にあると考えることができます。

最後の霊(れい)は、先ほど説明した三つの基本的な占いに、占い師の直感や霊感などの能力を合わせた占いのことをいいます。

それぞれの得意・不得意は?

占いにはたくさんの種類があります。
だからこそ、得意不得意というものがあります。

例えば、好きな人がいて、相手の気持ちを知りたいと思ったとき、星座占いなどでは相手の性格や恋愛の傾向などは知ることができますが、そのときの気持ちなどを探るのは困難です。
タロット占いなどであれば、具体的なことまで読み取ることができる、つまり占いで知ることができます。

このように、それぞれの占いの得手不得手を知っておくと、自分が知りたいことをもっとより深く知ることができるのです。

簡単に言えば、命の占いは自分や相手の性格などを知るのには便利です。
卜は、過去から未来への流れをみたり、相手の心理を調べたりするのに最適です。
相はほとんど命と似ていますが、運気の上昇を狙いたいならおすすめです。
霊は、叶えたい願いなどを成就させたいときに利用しましょう。