星座占いだけじゃない!意外に多い占いの種類

占いの種類別に知りたいことを知ろう

占いにも得手不得手がある?

皆さんは、占いを信じますか?
全く信じない、あるいはとても信じる、良いときだけ、悪いときだけ信じるなど、人によって様々だと思います。

そんな占いですが、その歴史をちょっと振り返ってみましょう。
占いは、古代から行われてきました。
学問的な裏付けがあるわけではありませんが、自然科学として独特の伝統を持って進化してきました。
星を見て占う占星術や、ものの位置などによって運勢が左右されるとする風水などが古代から行われています。
古代ギリシャや古代ローマ、中国など長い歴史をもつ国々では、様々な方法で占いが行われていたことが史料などからわかっています。
占いは世界各国で愛され、今日まで続いてきたものであるということが分かります。

日本でも、卑弥呼が占いを行っていたことが史料として残されていることをご存知の方は多いのではないでしょうか。
日本も、中国から伝来した占いのみならず、独自の占いを様々に生み出し、ときにはそれを頼りにしていたようです。

現代の日本では、チャットや電話でも相談ができるようになったり、娯楽としてテレビ番組や雑誌などのおまけになっていたりします。
おまけのものならば見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。

このように、意外と長い歴史を持つ占いですが、世界には一体いくつの占いが存在するのでしょうか。
細かな分類のものまで数えればほんとうにたくさんの種類があります。
全てを知っておく必要はありませんが、主要なものを知っていると役に立つかもしれません。
このサイトでは、そんな占いの種類についてご紹介していきます。

占い、どれくらい知ってる?

占いを片っ端から信じてみても、あまり当たってないな、と思うことはありませんか? それは、占いには得意分野があるから。 きちんと知っておくと、占いの的中率はおのずとあがります。 このページで、それぞれの占いがどのような質問に対して有効なのかご紹介していきます。

どれくらい知ってる?占いの種類

このページでは、いよいよたくさんある占いの種類について見ていきましょう。 ジャンルごとの占いと、その内容を簡単にご紹介していきます。 聞いたことのあるものから、全く知らないものまであるかもしれません。 ぜひ、試してみたい占いはないか探しながら読んでみて下さいね。

他にもあるの?占い師の選び方は?

最後に、先ほどのジャンルには当てはまらないけれど存在している占いをご紹介します。 また、実際に占ってもらいたいと思ったときに迷いがちな占い師についてもここでご紹介します。 自分にピッタリの占いと占い師に出会えれば、運を味方につけることができるかもしれません。